総桐箪笥製造元-桐里工房 桐蔵-創業明治45年(1912)以来桐に拘り桐に惚れ込み桐と語り合い桐と打ち合ってきた三代続いている職人気質な工房です…。


〒831-0004 福岡県大川市榎津74-3
tel 0944-86-3938
fax 0944-88-2281

2010年12月10日

桐里工房概要

  • 屋号;   桐里工房
  • 創業年号; 明治45年(1912年)
  • 営業種目; 伝統的総桐箪笥・創作家具製造・販売
  • 所在地;  〒831-0004 福岡県大川市榎津74-3
  • 沿革
    • 1912年(明治45年)
      • 稗田宇一・和一兄弟により創業。半農半工による桐箪笥の製作を始める。当時は職人達が盛んに手造り技法を競っていた頃でもあった。屋号は「稗田木工」
    • 1934年(昭和9年)
      • 稗田武夫が「稗田木工」二代目となる。稗田武夫は独創的な組手(全面七宝)や面取り鉋(ささ面形)を考案。大川桐箪笥、無名の名工と言われた。(生地職人のため品評会等に名前を残さなかった)当時の武夫の弟子は一番弟子に秋良、二番弟子に求、三番弟子に裕輔と章敏
    • 1954年(昭和29年)
      • 現住所に新工房を建設、屋号も「稗田木工所」と改名する。当時は敗戦の影響もあり日本文化は衰退し、桐箪笥の受注は少くなった。年間数棹の制作となるが、気合と情熱を持って制作にあたっていた。
    • 1969年(昭和44年)
      • 稗田正弘(現三代目)が稗田木工所へ入社。兄弟子、章敏と正太郎、師、武夫の目の前で修行を始める。
    • 1982年(昭和57年)
      • 師、武夫が逝去。現代表、稗田正弘が三代目となる。屋号を「桐里工房」とする。
    • 1985年(昭和60年)
      • 新工房社屋を建設
    • 1996年(平成8年)
      • 平成8年8月8日にショールーム「桐蔵」を新設オープン
【桐里工房とはの最新記事】
posted by 創業105年の桐里工房 at 15:14 | 桐里工房とは