総桐箪笥製造元-桐里工房 桐蔵-創業明治45年(1912)以来桐に拘り桐に惚れ込み桐と語り合い桐と打ち合ってきた三代続いている職人気質な工房です…。


〒831-0004 福岡県大川市榎津74-3
tel 0944-86-3938
fax 0944-88-2281

2016年12月10日

gallery『桐蔵』桐の蔵開き

20161207_125333.jpg20161207_125520-164b7.jpg20161207_125252-ca20f.jpg20161202_100211.jpg20161113_153816.jpg20161113_153912.jpg春夏秋冬、四季を感じるgallery『桐蔵』の1つコンセプトに「桐の蔵の蔵開き」が含まれている…。
この桐蔵新設の以前をさかのぼる事、今から38年前の事です。

この地大川は、日本一番の家具の産地として繁栄の頂点にありました。

木工関連業者も大小さまざま、8百社に迫っていたと聞いています…。

元々、戦前迄の大川の木工所は八割が桐だんすを製造しており、残りの二割が雑木の家具を製造していたのです。

大川の家具造りの原点は桐と杉を使った桐箪笥だつたのです…。
業界では、大川が桐箪笥の発祥の地であると認識されているのです。

その事は、大川の『市の木』(市のシンボルツリー)は桐の木である事で理解出来ます。今でも「嘉永6年」に製造された桐箪笥が大川市に保存されています…。

その様な大川の歴史を、後世に残すための工芸館が、gallery『桐蔵』のコンセプトの1つである、桐の蔵の大川の歴史の蔵開きであったのです…。

現に平成8年から平成10年までは、大川市から「大川で製造された」昔の歴史的桐箪笥を、お預かりしてgallery『桐蔵』に保存して、委託にて一般公開していました…。


桐の蔵の蔵開きの始まりでした。

posted by 創業105年の桐里工房 at 14:19 | 日記