総桐箪笥製造元-桐里工房 桐蔵-創業明治45年(1912)以来桐に拘り桐に惚れ込み桐と語り合い桐と打ち合ってきた三代続いている職人気質な工房です…。


〒831-0004 福岡県大川市榎津74-3
tel 0944-86-3938
fax 0944-88-2281

2017年06月25日

桐里工房の羊毛入り総桐ベッド(ベンチに変わるベンチベッド)

20170616_122038.jpg20170616_121544.jpg20170616_121305.jpg20170616_120129.jpg20170616_120235.jpg今日は、佐賀の「S様」宅に、桐里工房の総桐ベッド(実用新案取得済)の焼桐のベンチベッド(セミダブル)を配達致しました。
軽くて、組み立てが簡単で羊毛入りの総桐のベッドで、毎日御休みに頂く事で眠りが早く、深くなり良質の睡眠が取れます…。

しかも、桐と羊毛が重なる事で遠赤外腺の放出量が増大されます。
毎日桐のベッドで眠ると、遠赤外腺による熱を体内に蓄える事が出来る様になり、深部体温の上昇と、維持させる事が出来ます…。

『眠りを、変えれば--、身体が変わる、--そして人生が変わる…。』

「毎日この桐のベッドで御休みになると、人の身体は、どうなりますか?」とのS様の質問には----。

(1)--ぐっすり酵素の活性化
(2)--血流が良くなり冷え性を治す
(3)--体内の熱を蓄え、基礎体温を上昇させる…。
(4)--睡眠中の姿勢が良くなり、筋肉のバランスが良くなり、血管も真っ直ぐに伸びて、血流を良くする。

(5)--眠りが深くなる事で、脳内のβ(ベータ)アミロイドやタウと呼ばれる脳のゴミみたいな物が、良い睡眠によって体外に放出される事が最近解ってきました…。『アルツハイマー病の予防につながる』

以上が桐のベッドが身体に、とっても良い理由です。

毎日、眠る事が楽しみになってきますと、佐賀のS様に御説明させて頂きました。

posted by 創業105年の桐里工房 at 13:47 | 日記

2017年06月18日

福岡県大川市の大工さん

20170618_113858.jpg20170617_113918.jpg大川市の桐だんすの歴史は古く、業界では大川は桐だんすの発祥の地ではないかと云われている。
現に、大川市が江戸時代の嘉永6年に、大川の榎津で製造された桐だんすが市によって保存されている…。

勿論、大学の調査が行われ、大川市にはその資料も共に保存されています…。


この私達の大川は、歴史的にみても、大工さんが色んな仕事に腕を振るって職人気質の街でした…。

posted by 創業105年の桐里工房 at 15:48 | 創作

2017年06月12日

桐里工房の桐箪笥創り

https://youtu.be/tUcgeUpOv10
posted by 創業105年の桐里工房 at 18:56 | 桐里工房とは

2017年06月11日

関東放映のTBSのわざびとに桐里工房が出演

MX-2650FN_20170611_174955_0001_1.jpg今日の21時54分から21時58分の間にTBSで放映の「わざびと」に、桐里工房が出演します…。
関東の皆さんの横浜埼玉の皆様、是非とも御覧ください…。
posted by 創業105年の桐里工房 at 18:18 | イベント

福岡県大川市の屋大工と大工職人

 20170609_181313.jpg20170610_114944.jpg福岡県大川市は桐箪笥大工と船大工、建具、組子等の榎津指物と呼ばれる職人と欄間彫刻などの彫物師と、宮大工と呼ばれている職人と屋大工が沢山居まして、それぞれ仕事に腕利きの職人達が良い仕事を残しています…。
その他に、それぞれの職人達が使う金具を造る金具職人がいた事も、忘れてはいけませんね…。
大川市の大正時代の大工や職人達が力を合わせて作られたのが、この度私達『桐里工房』にて修理、更生、リノベーションされて、現代に生き返り甦った総桐の一間箪笥です。
一部に大川独特のカラクリが仕込まれています。
大正時代の大川の大工さんや職人達に感謝感激ですね…。
posted by 創業105年の桐里工房 at 11:35 | 創作